美元ってどう思いますか?

美元ってどう思いますか?

高島家の離婚騒動、これに伴い裁判が行われていますが、裁判前に妻の美元さんがテレビに出ていたのを偶然見ました。

美元さんは、過去も今も未来も夫を愛する気持ちは変わりないものだから…と言う内容で話を進めていました。

夫が何故離婚してほしいと言い出したのかが分からないとか、今でも普通に夫婦仲はいいとか、テレビで流れている報道は嘘だとか、自分には分からないといっていました。

ただ夫の事が大好きだから別れたくないと。

この美元さんの無神経さが大ブーイングを呼び、かなり責められていました。

しかし、美元さんはブーイングに一切顔色を変える事無く終始笑顔で能天気に振舞っていました。

その姿はまるで夢の中の出来事を本物の出来事だと信じきっている少女のようで、悪気はないのかもしれませんがイラっとくる印象を受けました。

目の前にある問題に対して真正面から向き合う気がないから、愛しているという気持ちだけで逃げようとしているのかなと思いました。

しかし、この愛しているという気持ちの部分や自分の生い立ち環境が複雑だったからこそ幸せな家庭を築きたいと言う夢があったとか言う話とは裏腹に、出てくる出てくる金の問題。

月に109万円の生活費請求って…ありえませんよね。

結局の所目的は金かと思いますよね。

高島さんも美元さんの浪費癖が原因で…って言葉は言っているにも関わらず美元は「普通ですよ」と笑って誤魔化す。

しかし109万円は笑い事ではありません。

もし旦那が居なくて、自分だけの給料で生活していかなきゃいけない時にも月109万円も使うのでしょうか?

いや、これは高島さんの生活費あっての事ですよね。

普通月収100万円以上稼げる人なんてそうそう居ませんもんね。

美元さんにしたら絶対に逃したくない相手だと思うのです。

この人が居れば自分は一生安泰だから。

全てはお金だから。

幼い頃に苦労して育ってきた分お金への感覚も人とは違うと思うんです。

そこを普通ですよって言われても…

すべてが自分中心に回っているんでしょう。この人は…

高島さんも、恐ろしい女性を妻にしたもんだ。

現在継続中のドロ沼離婚、離婚が認められるとしても慰謝料は半端なさそうな気がしますね。

この結末が楽しみです。

脱毛 手の指脱毛 乳輪

意固地な長男

長男の話です。彼は髪の毛を切りに行く時はいつもお気に入りの美容院にいきます。そこは、子供向けの座席があり、車の形をした椅子で、まるで操縦しているような感じになるように設計されているとても子供に優しい美容院なのです。子供のために、機関車トーマスのオモチャや、カーズのおもちゃなどが置いてあり、頭さえ動かさなければ切ってもらっている間にずっと遊んでいることができるのです。

子供だけが髪の毛を切る時はいつもその美容院に行っていました。しかし、父親も週末に髪を切ることがあるので、父親はいつも一人で自分だけのために違う美容院に通っていました。ある日、息子と父親が同じタイミングで髪を切りに行くことになったのです。週末で午後から予定が入っており、どうしても時間がなかったので二人別々の美容院で髪を切ることが不可能でした。父親としては、その日は子供に自分と同じ美容室に来てもらい、同じタイミングで二人横に並んで座って髪を切ってもらう方が手っ取り早くて良いのではないかと思っていました。

そこで、出かける前に息子に確認してみたところ、「どうしても自分の行きつけの車の座席がある美容院じゃないといかない!」とだだをこね始めたのです。

気持ちはわかるので親として私たちはそうしてあげたいと思ったのですが、本当に時間もなかったので、こういう時は親の言うことを聞いてもらうしかないと思い何度も説得したのですが、息子は頑として聞き入れようとしませんでした。

父親と息子のやりとりを聞いていて、私もだんだん腹が立ってきました。なんでも自分の思い通りになると思って日ごろ過ごしていると思われる節のある長男。彼に対して本当に頭にきてしまいました。

彼を厳しくしたかったところ、急に泣き出して、自分の部屋に閉じ籠ってしまいました。

しばらく説得しましたがむりだったので、かなりきついスケジュールになりますが、仕方なく車の座席の美容院を予約して急いで息子をいかせました。

結局ご機嫌も戻り、サッパリとした髪になり上機嫌で帰ってきた息子はとても嬉しそうでした。

何とか父親の予定の時間も間に合ったので、彼の希望通りにしてあげられて良かったと思いました。